小さな呉服店だからできる年間200名の新規客作り/7年間の実践で得たノウハウで応援します。

2016年05月14日

案内状?そんなもん作るからポストに入れて終わり。

展示会の案内状を時間と経費をかけ制作。
自信がないから案内状作るんちゃう?
従業員のやお客さんの為につくる?
そんなもん作るから経営者の私でもポストに入れ満足している。

丁稚奉公時代、後輩が案内状を捨てた!
見つけた人から連絡があり「お宅の案内状が置いてあるよ」「車の下に…」

そんなもん車の下で置いてあるわけないやん。
”誰や捨てたやつ!”

みんなが疑われた。
その時代、案内状には自分のシャチハタを押す決まり。
まさかハンコを押したまま?
押してあったんですわ~。その後輩は社内で逮捕(笑)
数日経ってから会社を辞めていきました。

案内状がなくなったら働いた気がするのです。
「今日はまわったな~」
留守宅はもちろんポストへ”ポイ”
そんなん郵便局とかわらんやん。
それやったら郵送すれば事故にあう確率も少なくなるしええんちゃう?
昔にふっと思い案内状を作らなくなったのです。

そしてアプローチブックで集客。
お客さんに会えるまでいかないと自分で作ったアプローチブック見てもらえませんから…。

自作のアプローチブックは大切にするし良く伝わるもんです。
もちろん郵送するBランクのお客様はありましたが、お伝えするだけですよね。
郵送されて展示会に来場していただけるほど甘くはない事はみんなが分かっている。

従業員の管理は特に難しいのでやる気を出させるにはどうするのか?
…が大切でいちばん難しいのですね。


タグ :案内状DM

同じカテゴリー(独り事)の記事
Posted by ボンボン at 08:13│Comments(0)独り事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。