小さな呉服店だからできる年間200名の新規客作り/7年間の実践で得たノウハウで応援します。

2015年11月18日

着物を売り続ける事ができますか?

こんにちは。四代目です。
いつもストレス発散にお付き合いいただきありがとうございます。
どんどんPV上昇中!
本当に疑問に感じている事なので今までの記事の事もこれからの記事の事もお許しください。
見ていただけるのは同じ思いを持っている方だけでいいのです。

着物の虫干し


PV上昇中でエスカレートしそうですが、このまま着物を売る自信はありますか?
お客様の依頼でお宅訪問をしてきましたが、着物はたくさんありました。
「着ない」「着ない」の連発!耳が痛くなるぐらいでした。
でもいい喪服をお嬢様二人に準備してあるんですよ。
20年前と言っていたので娘さんも40過ぎかな?
実家に置きっぱなし。

この状態ではお母さんもお嬢さんもこれから着物を買うわけがないと思うんです。
最近の着物に対すニーズよりも呉服屋が多すぎるのか?
消費者に対する年間の着物の売上は古美術よりも少ないのは現実!
数字から見ると呉服屋は多いんですよね。
周りが潰れるまで待つか?
このまま待っていては先に潰れる。

止めるか?借り入れがあって止めれない。
そんな店もあると思いますが、若手はやるしかないんですぞ!
と言いながら結構現実をみた一日でした。

今日は今年一発目の忘年会!二日酔いにならない程度に行ってきます。
では…。


同じカテゴリー(独り事)の記事
Posted by ボンボン at 16:43│Comments(0)独り事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。