小さな呉服店だからできる年間200名の新規客作り/7年間の実践で得たノウハウで応援します。

2015年11月10日

呉服屋の従業員は勧誘マシーン?

こんにちは。四代目です。
だんだんと展示会で着物が売れなくなっていても経費はかかります。
集客企画もエスカレート!
私も以前は勧誘ばかりで着物の知識はほとんどありませんでしたよ。
展示会では商品を羽織らせてくれるマネキンさん(特殊販売員)がいるから売れたんじゃないかな?

あり得ないぐらいダメな呉服店の店主。
そんな店主が展示会をして売れるわけがありませんでした。

だから勉強しています。まだまだ知らないことが多いのですが難しい知識だからこそ人から相談されるんですよね。
一切販売のことは言わずに相談事を徹底して解決すれば着物が欲しい時には何人かは訪ねてくれます。


昔の呉服屋もいい加減なところはたくさんあったらしいのですが、プロの意識が強かったんじゃないでしょうか?
産地に行く事も多かったのかもしれませんが知識は豊富だったと思います。
余裕もあったからかな?でもやっていかなくてはいけなんです。
着物の知識を身につけるのは仕事が終わってからでもできるはずです。
やるしかないんです。
勧誘マシーンになっていませんか?


同じカテゴリー(独り事)の記事
Posted by ボンボン at 18:32│Comments(0)独り事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。