小さな呉服店だからできる年間200名の新規客作り/7年間の実践で得たノウハウで応援します。

2015年11月07日

呉服業界はマグロ漁ばかり

おはようございます。四代目ボンボンです。
予定通り七五三も終わり成人式の準備でお問合せも多く特にお母様はチョッと焦ってきたような気がします。
通常の呉服店の場合にはもうすぐ29年度の新作振袖ではないでしょうか?
噂では聞きますが18歳で成人なんてなってしまったら呉服業界も今まで以上のダメージではないでしょうか?
高校2年生ぐらいから勧誘をしないといけなくなるんですよ。
名簿は確保できるとは思いますがもう成人式に出席する成人者も激減するかもしれませんね。
国も税金を若者からとろうなんてどうなっているのでしょう?18歳から飲酒もOK?酒税を若者から得る算段?
成人式の日程が変わってダメージを受けているのにまた?
本当に大変な業界になっていくんでしょうな。

若い経営者は振袖を追いかけたくなるものです。私もそうでした。
華やかなんですよね~。お客さんも若いし(笑)
購入もレンタルも扱いながら呉服店も頑張ってはいますが、成人者人口も減り出席者も少なくなってきます。
なのにほとんどの呉服屋は振袖というマグロを探しに出かけてるような気がします。
同じ海に出かけても漁師はとるものが違うのに何故呉服屋は同じものばかり追いかけるのでしょう。
だんだんと大変になってきます。
私はあまり苦しい思いをしたくはありませんので振袖の販売とレンタルは一切止めてしまいました。
今では個性があってよかったとは思いますが苦労もしました。

呉服業界は苦戦しているとは思いますが生き残らないとダメなんです。
18歳で成人とか飲酒とかはやめてくれ~。
勝手に酒を呑むのは仕方がありません(笑)


同じカテゴリー(独り事)の記事
Posted by ボンボン at 08:17│Comments(0)独り事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。