2015年11月29日

振袖はサービス合戦?

おはようございます。四代目のストレスにお付き合い頂きましてありがとうございます。

あと一が月程で成人式がやってきます。
呉服店は一年かけて販売やレンタルを成約頂いた方に着付けや写真で忙しくなってくるようですね。
写真館を経営している呉服店も増え販売からレンタルへシフトした呉服店も増えています。
時代と共に呉服屋の経営が変わってきているのが現実ですが、振袖を無理して追いかけない店も増えているのが現状のようです。

確か経営者としてはにどちらかを選択しなければなりません。
振袖はお客さんも若く、後継者が若い店がよき似合うと思いますね。
私みたいな年齢になると成人を迎えるお母様と一緒の年代だからちょっと違う感覚なので振袖は販売もレンタルも諦めいるのです。

”本当に難しい”

販売もレンタルも振袖はサービスすることが多く写真屋さんや美容院へ委託する場合、経費が半端ない!
その経費削減で写真やと美容院に値引きの交渉?
なんてよく聞く話ではないでしょうか?
しかし自分の店でするほど成約もない。

どうしたらいいんでしょうね?”

振袖の在庫や販売やレンタルの枚数、売上を見て最終的には自分で決めなくてはなりません。
大手には勝てないんですよね。
残念ですがユニクロでも浴衣を販売しているようにそのうち振袖もそれに近くなってくるとは思います。

成人式もなくなるんじゃない?
現に成人対象者も少なくなりその中でも出席者も少なくなっていますのでかなり厳しくなるのは当然です。
インターネットでの購入やレンタルもいっきに増えているようですので昔の考え方では無理!
絶対に無理です。

他店と同じ事をやっていても先は見えています。
経営者の辛いところですが自分で決めるしかないようです。
  

Posted by ボンボン at 08:07Comments(0)独り事

2015年11月25日

障害者を持ち子供たちに教えられる事

おはようございます。四代目ボンボンです。
今日は少し真面目な話。
実家の呉服店を継ぎながら飲食店、旅館、障害者施設と様々な事に携わってきた事を以前に書きましたが、いまだに続いていることは障害を持つ子供たちとの付き合いです。
5年ほど前までは障害を持つ子たちとの接点はまったくなく違う世界だと正直思っていましたが、社会復帰を目指して頑張っている人や親もそれを願って頑張っているのです。

最初は呉服業界がダメだからと理不尽な考えで手伝い始めたこの仕事。
だんだん携わっていくうちに聞いてはいけない事を聞いてしまったんです。
”何でお母さんたちはこんなに明るいのですか?”
瞬間ヤバイ事を聞いてしまったと思いましたよ。
でもそのお母さんは「この子が生まれて着た時に涙が枯れるまでなきました。泣いててもよくはならないので楽しくいくんです。」
自分で聞いてしまったことに最低だと思い当分下を向いていた事を思い出します。

15歳ぐらいの障害をもつ女の子に会い車で送迎をした時に自分の娘と同じ年齢だと知り、かなり自分の娘とかぶっちゃいました。
そういえば自分の娘も…。

私の長女も生まれる一ヶ月前に家内を病院に入院させ三日後に奇跡的に生まれた事を思い出したんです。
健康なのですっかり忘れていましたが、入院をしていなかったら障害を持って生まれるか死産しているかでしたね。
私の下心で入院させたわけで罰あたりですが、その子とかぶってしまい今も携わっているのです。

できる事なら障害者の子たちに仕事を手伝ってもらいたい。自分でできることを増やしてもらいたい。そう思いだしてもう5年。
年明けには障害者の成人式を企画しています。
健常者の成人式には行きにくいものだそうです。
振袖を着ることができない子供たちもたくさんいます。でも何とか着せてあげて振袖の写真を残していくことが大事な事だと思っています。
今日は真面目な話になってしまったのですが、着物が売れなくなっている時代なんて小さなものなんですよ。  

Posted by ボンボン at 08:29Comments(0)独り事

2015年11月24日

お金をかけずに集客したい。

おはようございます。
三連休も終わり年末に向けて猛ダッシュ!
さあ!展示会が不発に終わった方も気分を切り替えていきましょう。

年末に多いのが安売り合戦。チラシをばらまいても集客どころか赤字になりますよね。
名簿づくりだと割り切っていれば問題はないのですが、それだけで考えれば赤字。
なんて事はないでしょうか?

できれば売上は少なくても赤字は出したくないものです。
しかし名簿は欲しいものです。

自社でホームページを持っている呉服店は多いのに何故活用しないのか?
プロバイダー料金もサーバー料金も払っている。
ホームページの更新に年間支払っているところもしばしばあるみたいなんです。

でもそのまま!

もったいない!

チョットした事を覚えれば簡単にできるのに…。
今、あるものを利用すれば出費はないのですよ!

インターネットで全国を夢見て失敗したからわかるのです。
強豪には勝てません。
呉服屋は地域密着型が有利です。
お金を持ち出さないように自分の力で集客しましょう。



  

Posted by ボンボン at 08:34Comments(0)独り事

2015年11月23日

売れなくて当たり前だけど…。

売上を作らなくてはいけないのだ!
1.8兆あった着物の売上は3000億を切っている状況。
東京だけで1500店舗近くある呉服店が全国になればどれぐらいあるの?
この3000億はレンタルの含めてなのか?通販も含めてなのか?どちらにしてもはっきりとした数字は分かりませんがかなりキツイ事は確かなんです。
凹む数字ばかりですがとにかくやらなくてはいけない事は新規客の獲得。
新陳代謝をさせなければ刈り取りばかりでお客様の高齢化!
どのコンサルタントと話をしても同じことを言うとは思いますがみんながわかっています。
イベントをしたり教室をしたりと様々頑張ってはいるのですが新規獲得のスピードが遅すぎるのです。

コミュ二ケーションが取りにくくなった時代です。
訪問しても会えず、せっかくの休みにはする事もたくさんでお金に余裕がある人でも展示会に呼ぶのは至難の技!

なりふり構わず名簿をとってコミュニケーションをとらなければ大変な事になるでしょう。
今の時代は携帯などでコミュニケーションをとることに慣れています。
だから訪問はしてほしくないと思っているはず。
「欲しい時には行きますから」なんて断り文句。
絶対にネットで買っていますよ。それが現実です。

私も同じですが考え方を切り替えて進んでいきましょう。
  

Posted by ボンボン at 16:52Comments(0)独り事

2015年11月23日

華やかな飲食店より儲かる孤独な呉服屋

こんにちは。四代目のボンボンです。
いつもストレス発散日記をご覧いただきありがとうございます。
ほとんどが愚痴なってしまいますが今までの経験で得た事を発信していきますのでお付き合いください。

昨年まで3年間、着物屋では無理だと思い飲食店のオープンに携わり店舗、スタッフ、メニューなど様々な事を経験。
かなりしんどかったな~。って思ってます。
スタッフが登録で30名(バイト含む)メニュー30種類(惣菜)一日平均客数オープン半年後で120名
これで利益は出ないんですよ。
もちろん試行錯誤で無駄な部分もたくさんあったのでカットすれば利益はでます。
バイトを少なくすればお客様に迷惑がかかり不満もでます。
捨てるものを少なくしようとすれば種類もすくなくなる。
これをやってしまっては間違いなく負のスパイラル。

惣菜

カステラの移動販売もやってみました。(土・日限定で)
利益は半端なく出ましたよ。経費はすべて含めると15%でかなりいい。
一日の売上が平均5万円。イベント何かに出向くと10万オーバーなんて当たり前なんですよ。

カステラ

たこ焼きの移動販売もして宿泊旅館のオープンにも携わりいい経験をしてきましたが、すべて呉服屋の足を引っ張るものばかり。
問合せの電話には出れないは納品は忘れるわ…。不器用なんですよ。

すべてを適当にこなせは月収100万ぐらいはいっていたでしょうかね。

でも呉服屋で月収100万狙ったほうが今後の為にある事も色々な経験をして気付くのです。
飲食関係は落ちれば早い!真っ逆さまで立ち直れません。

今はすべて止め着物一本でやっています。
競争相手が迷って弱っているぶん儲けやすいと思います。
爆発はありませんが呉服店が儲かります。



  

Posted by ボンボン at 10:25Comments(0)独り事

2015年11月22日

凹むのはまだ早い!

こんにちは。四代目ボンボンです。
呉服店の経営者や後継者の方で自分でホームページを管理している人はどれぐらいいるのでしょう。
フェイスブックやツイッターなどのSNSをしている人はたくさんいるのかも知れません。
まだまだ着物は捨てたもんじゃない!
このリンクでフェイスブックが見えるのか疑問ですがコチラです。
           ↓     ↓
https://www.facebook.com/groups/580482751985466/

こんなにたくさんの方が今日着物を着ているんです。
業者のかたもアップしていますが、個人のファンもたくさんいるんです。

インターネットで情報収集は欠かせないものです。
「うちはデジタルはいいから?」「インターネットは苦手だから」なんて思っていませんか?
私もその一人でしたが遅いけど何とかなるものですね。

47歳。若者には負けますが自分のスピードでやってます。
最近は県外からのお問い合わせも多くなってきたのはインターネットのおかげです。
田舎の小さな着物屋なんですから知るわけがありません。

お客様も半信半疑で電話してきてもらえますがそこは誠意をもってお応えしています。
本当ならお客様は近くで相談したいものです。

地域での知名度アップを目指しておりますので基本県外はお断りしています。
押し売りしない呉服店なら喜んで紹介するのですがどうしても売りたくなってしまうんでしょうね~。
事情が分かるだけに同業者でも呉服屋はチョッと恐いんです。  

Posted by ボンボン at 18:08Comments(0)独り事

2015年11月21日

三連休は暇ですか?

こんにちは。四代目です。
昨日から展示会をしている呉服店も多いのではないでしょうか?
当店はめっきり暇で予約もなければ問合せは今のところ一件のみ。
凹むな~。
みんな海外旅行でもいったのかぁ?

海外旅行

海外旅行と言えば昔、ハワイで展示会がありましたよね。
もちろんVIP客をご招待!
すごい話に聞こえますがお客様を乗せている飛行機の荷物には商品も乗っていたんですよ。

何も知らないお客様はホノルルに到着後、当然観光へ…。
スタッフはと言えば商品をホテルに運んで会場づくり。

観光を終えたお客様はそのまま展示会場へ入り服にリボンを付けられる。
なんと商品を購入した人からリボンは外されていくのだからさ~大変!
スタッフの誰が見ても購入していない人は一目瞭然ですよね。

こんなことして販売した事もあったんですよ。
反省しなくてはいけないのかあれでよかったのかはわかりませんが気分がいいものではなかったみたいです。

着物を着なくなったのと同時に昔を覚えている経営者は大変ですよ。
何をしても昔ほどは売れなくなったのですから。

でも需要は必ずあります。日本人の民族衣装なんですから。
展示会中の皆さんは頑張ってください。

日々の売上を大事にする経営をお勧めします。

  

Posted by ボンボン at 15:51Comments(0)独り事

2015年11月18日

着物を売り続ける事ができますか?

こんにちは。四代目です。
いつもストレス発散にお付き合いいただきありがとうございます。
どんどんPV上昇中!
本当に疑問に感じている事なので今までの記事の事もこれからの記事の事もお許しください。
見ていただけるのは同じ思いを持っている方だけでいいのです。

着物の虫干し


PV上昇中でエスカレートしそうですが、このまま着物を売る自信はありますか?
お客様の依頼でお宅訪問をしてきましたが、着物はたくさんありました。
「着ない」「着ない」の連発!耳が痛くなるぐらいでした。
でもいい喪服をお嬢様二人に準備してあるんですよ。
20年前と言っていたので娘さんも40過ぎかな?
実家に置きっぱなし。

この状態ではお母さんもお嬢さんもこれから着物を買うわけがないと思うんです。
最近の着物に対すニーズよりも呉服屋が多すぎるのか?
消費者に対する年間の着物の売上は古美術よりも少ないのは現実!
数字から見ると呉服屋は多いんですよね。
周りが潰れるまで待つか?
このまま待っていては先に潰れる。

止めるか?借り入れがあって止めれない。
そんな店もあると思いますが、若手はやるしかないんですぞ!
と言いながら結構現実をみた一日でした。

今日は今年一発目の忘年会!二日酔いにならない程度に行ってきます。
では…。  

Posted by ボンボン at 16:43Comments(0)独り事

2015年11月17日

呉服屋の店番は何をしているの?

こんにちは。四代目です。
店を開けていれば当然、店番がいるとは思います。
ショッピングセンター内なら別ですが個人の呉服店は展示会後でない限りそんなに仕事はないのではないでしょうか?
新規の方から相談を頂けるようにすれば人も増やすことなく店番の方が対応するだけでいいんですよね。
知識は必要ですがそれができなければ携帯に転送すれば営業活動中でも大丈夫です。
私は転送して電話に出れない時にはかけ直しています。

何処でも呉服店であればやっている着物のクリニック。
看板を出しているだけではないでしょうか?
それを餌に新しい着物や帯を進めていませんか?
お客さんは承知です。
勧められる事も分かっているので安心して呉服屋には入れないのです。

昨日もお父さんの着た初着について相談したかったらしいのですが、近所の呉服屋は知らないし敷居が高い!
「そんなとこ突然はいれないですよ!」って

本当の親切はお客様のニーズに答える事です。
着物を売りつける事ではありません。

親切な行動で新規客と仲良くなることができれば次につながると思います。
大手のNCチェーンも力を入れてきていますので負けないように今動かなければ負けてしまうのです。
  

Posted by ボンボン at 15:37Comments(0)独り事

2015年11月16日

古い在庫の処分で8万円ゲット!

おはようございます。4代目です。
昨日は町中でイベント!祭りだったんですが、年間でも集客の悪いイベントだったのですが、何とか天気も回復してホッとしています。



3年前から着物の反物(昔の在庫)を思い切ってカット!
これがなかなか順調に売れていくんですわ。
値段の付け方やカットの仕方など様々なノウハウはあるのですがこれがいちばん受けますよね。
気取らなくても売れていきます。



続けていれば普段でも購入者はあります。
思い切れるか着れないかは自分次第!
ただ単に切ってはいけません。
知りたい方は教えます。
  

Posted by ボンボン at 08:20Comments(0)独り事