2015年09月24日

シルバーウイークは展示会?

こんにちは。
昔は9月に大きな展示会をしていました。
台風なんか来たらもう大変!
今年のような大型連休の展示会は恐ろしいですよね。
失敗もありうる。
直近の販売状況は42%が悪いと答えているそうです。
約半分?(>_<)増収は2割弱?多いのか少ないのかよくわかりませんが、勝ち組は何をやっているのでしょう?
もちろん着物を売っているとは思いますがいつまでも続くのでしょうか?
代々お付き合いのある顧客も減り、各家族化になりお爺ちゃんやお婆ちゃんの言うことも着てくれなければどうやって着物を売っていくのか?
ものすごく気になる呉服業界です。
大手は資本力もあり従業員も使い捨てればいいのかもしれません。
しかし小さな呉服店は底力を見せなければいけない。けど何をやっていいのかわからない。
これからはインターネットが必ず必要となりますが、変なコンサルタントにつかまらないように注意してください。
私も一度はインターネットで夢を見させてもらいましたが夢で終わりました。
これからはアナログとデジタルで起死回生の一発を打ちこみます。
呉服屋ってプライドを捨てれば何でもできて結構楽しいもんです。
プライドを捨てるのに3年かかりましたが…。お坊っちゃんなんでね。  

Posted by ボンボン at 18:35Comments(0)独り事

2015年09月19日

昔の取引先から電話は企画

こんばんは。
今日は留袖と長襦袢のお問合せが一件だけでした。
この十年間、展示会も企画もしていません。
15年ぐらいあっていない昔の取引先の社長からの突然の電話。
「こんな企画の話があるんやけど聞いてみやへん?」
との電話があり
私「もう何年もの間、企画はしていないんです。」
社長「お嫁入り道具もなくなり着物は売れへんわな~」
私「ですよね!でも着物で食べていかないといけないんでボチボチやってますよ」
社長「一般の人にはもう無理やで~」
私「社長は何の話の電話なんですか?」
社長「着物やで!」
私「着物の企画なんですよね~」
社長「そうそう」
なんて会話が15分程度。
昔お世話になった社長なんでやんわりと話を着ていましたが、昔とあまり変わっていない。企画好き!
売れない着物を最後は無理やり販売なんて事もありうる話。
そりゃ~商売なんで売ってなんぼ世界です。
一度、売れないと思ったり売るテンションが下がってしまうとお客さんに分かってしまうのでしょう。
笑ってしまうほど売れません。
皆さんはモチベーションを保てますか?
着物の極度な売り込みが業界をダメにしてしまうと思うんです。
大昔の呉服店に戻った方がいいのかもしれませんね。  

Posted by ボンボン at 19:30Comments(0)独り事

2015年09月19日

展示会の企画は麻薬でした。

おはようございます。

年を取るにつれ朝が早くなるのは本当ですが、寝るのも早くなるので当然です。(^O^)/

そんなことはさておき、色々な企画で展示会をしてきましたが、爆発的な売上は危険でしたね。

企画をやっている時にはあまり分からないものです。

売上中止の企画。普段は遊んでいても企画のインパクトで売り上げが左右されてしまったのです。

企画の過剰サービス。だんだんと詐欺めいた企画になってきて着物を売るのかお客さんを騙すのかよくわからなくなってしまいました。

閉店セールなども企画の一種。まだ近くの呉服店は今月に祭事をするらしいのです。

閉店するならいいんですよ。でも少しだけリニューアルして店も再開。

何年も前の在庫を売りたいだけなのに何故閉店セールなのか?

もちろんお客さんの意識はかわり踊ってしまうと思います。

売上は上がります。在庫は原価の5倍以上。委託は平均折り返し程度で着物の価値が分からなくなってしまうので在庫は少なくり現金化でき

るのは間違いありませんが、その後の売上に大変だと思います。

キャンペーンぐらいがいいとは思うのですが今時のキャンペーンで着物は売りづらくなっているのが現状ですね。

呉服店は今、資産の食いつぶしがほとんどだと思います。

昔は儲かったので体力のある着物屋いいでしょうね。

在庫もある。お客もある。金もある。なんて思っているのは今だけです。

二世の気持ちも考えなければ不安で仕方ないのです。

お坊ちゃんのまま不安のない二世は大丈夫。親がいなくなってから苦労するしかありません。

危機感のある後継者はたくさんいるはずです。本当の情報交換をお互いでしなければ勝ち残る事はできませんね。

企画に騙されることなく店の特徴を出して当店は地域いちばん店を目指します。
  

Posted by ボンボン at 08:04Comments(0)独り事

2015年09月14日

実家は小さな呉服屋

こんにちは。こんな時間の投稿は久々です。

今日は七五三の問合せが三件。喪服の問合せが四件。留袖が一件でした。

丁稚奉公の時や自分の実家に帰った時などは問合せなどなかったような気がします。

丁稚奉公の時の店には在庫がたくさんあり商品を持って売りに行ったこともたくさんありましたが、実家に帰ると在庫はゼロ。

半衿や衿芯、胴裏などはあるが八掛けすらない状態。すべて委託でまかなっていた店だったので慣れるのに苦労しましたよ。

展示会での売り上げが100%

とにかく一か八か状態でした。

企画企画の毎日でしたよ。

いい企画なんてはっきりと言えばお客さんを騙す企画。なんて思っていましたね。

でもその時はやらなければ仕方がない状態。

問屋さんに企画室あったぐらいですから…。

もちろん帰郷した時には船出市。結婚した時には希望展。

懐かしいけど今となってはむちゃくちゃな企画。驚きの連発です。

派手に鮭なんか配っていたんです。

最近の着物屋はどんな感じなのでしょうか?

フランチャイズ店は別にして個人の小さな呉服店はどうしているのか?

小さな呉服店に帰ってきた二世はどうしているのですか?腐っていませんか?

仲がよさそうでよくないのが呉服店同士。

店の売り上げで順位が決まるのか?

小さい呉服店同士で一緒に盛り上げていけるといいですね。
  

Posted by ボンボン at 17:29Comments(0)独り事

2015年09月09日

二年目の丁稚奉公で先輩に…。

こんにちは。たまたまの四代目です。

東海地方は台風は直撃しましたが、台風も小さく被害も小さくてなによりでした。

呉服店の皆さん。展示会は成功したでしょうか?

丁稚奉公も二年目に入りなんとなく土地もわかりなんてのんびりしていると後輩が入ってきてビックリでしたわ!

もちろん呉服店の息子!

いや~焦りましたよ!何も教えることができず撃沈(>_<)

同じ運命の人が一人、二人と…。

同じように県外からやってきて車とゼンリンの地図からスタート。

今思えば楽な丁稚だったのか大変な丁稚だったのか分かりませんがそれなにり仲良く楽しくやっていたような気がします。

展示会場で丁稚三人で寝たこともありました。

三人とも二日酔いで沈没していたこともありました。

昔話をしても仕方がないのですが、あの頃は外回りすれば売れていた時代ですよね。

今から20年ほど前。

今の時代に外回りしても合うことも至難の技!売れるわけないって思っちゃいます。

本当に呉服店の経営は難しい。

なくなることはないからね!なんて言われながら頑張っても需要と供給がともなっていない。

いろんなコンサルタントも出現!聞いてりゃ何十万もの契約?そんなもんできるわけないやん!

着物は日本の民族衣装です。補助金ほしいです。

無理なのは分かっているので目先を変えて新規客獲得!結構いけるんですよ。これが(^O^)/

安いプライドを捨てるのに3年かかりましたが、新規客は獲得できます。後の売り上げは自分の腕次第です。

この間、丁稚の後輩が着てくれました。嬉しいもんです。

  

Posted by ボンボン at 18:14Comments(0)独り事

2015年09月03日

呉服屋の丁稚奉公の頃

たまたまの四代目です。

今時、丁稚奉公ってあるのでしょうか?

呉服屋以外に丁稚奉公の業界ってしっていますか?

あのころを思い出すとすでに丁稚ではなかった。

もちろん県外に飛ばされてしまうのですが、奉公した店のお客さんを帰郷してから自分の店のお客さんにしないためだそうです。

奉公時代の先輩から聞いた話によると丁稚の時代は店前の水まき、掃除などの様々な雑用をして着物の知識を先輩から教わったりお客さんとの接客を覚えていったそうです。

いつの話?

いつの話なんですかね~。たぶん昭和40年代ぐらいまでではないでしょうか?

私は平成元年から丁稚奉公で4年弱。

スポーツバック一つで出向きいきなり独り住まいになって丁稚の先輩もいなく結構自由でしたよ。

社員10名ぐらいの個人の呉服店に丁稚。

呉服屋の息子としては珍しいと思いますが、着物の事は何一つわからず、振袖すら知りませんでした。

一日目の朝、社員の方々に紹介してもらいいきなりゼンリンの地図とバン1台。

小学校の卒業アルバムを渡されゼンリンの地図にチェック!

完成したらいきなり営業です。

えッ?どうやって挨拶するの?なんて玄関開ければいいの?路面電車(ちんちん電車)走っているやん!

やっぱり丁稚って雑に扱われるんやな~っていう印象でしたね。

道もわからず地図を辿っていたものの今度は帰りの道がわからない。

もちろん携帯電話が普及していない時代。ポケットベルも持たされていない。

公衆電話を探す毎日。

嫌になってよく公園で寝ていたもんです。

今の呉服屋二世はどうしているのでしょうか?

丁稚奉公に行って帰ってきてからのギャップはありませんか?

疑問があるまま店を継いでも上手くはいくはずがありません。

専務としてちやほやされているうちは大丈夫!親がいなくなるととてつもなく不安になり孤独です。

早く自分でやった方が苦労はあるけど楽しいかもしれませんね!

  

Posted by ボンボン at 11:21Comments(0)独り事

2015年09月01日

着物の展示会。売れるわけがない!

おはようございます。

朝からの初投稿。

台風の時期がやってきましたが、心配なのが展示会中の台風直撃!

こんなことがあった日にゃ今まで苦労して勧誘したきた事がコッパミジン。

経費はかかり売上はなし。

冷や汗のかく展示会は何度か経験しましたが皆さんはどうですか?

お客さんは喜んで展示会に来てくれていると思いますか?

断る理由が台風直撃なら喜んでいると思います。

私は10年以上前から展示会はしていません。

自分のコントロールが難しいのですが、問屋さんの顔色をうかがいながら、社長の顔色をうかがいながら展示会期間を過ごすことはやめてしまいました。

話は変わってしまいますが丁稚奉公の時には月のノルマが200万。

思い出すと結構な数字。

達成した月が年に半分ぐらいかな?

そんな時代でもありすごく儲かったとは思いますが、何故か倒産してしまいました。

奉公した店がなくなると寂しいものです。

今考えると給料の3倍の売り上げで十分ですね。

展示会は華やかですが、もう無理でしょうね。

自分が普段から着物をきていないのですから

マイナスの事ばかり行ってしまいましたが今日も一日頑張りましょう!

  

Posted by ボンボン at 07:00Comments(0)独り事