2017年04月07日

呉服店は本当にこのままでいいの?

こんばんは。四代目のふじぜんです。

このようなブログでも共感してくれる同業者の方達もいるのですね。

嬉しいしありがたい。

メールでご相談頂くこともしばしばですが、コンサルタントではありませんし、小さな店でもまだ実績に納得がいっていないのでどうすることもできません。

できる限りの経験と失敗談はお伝えしているつもりですが…(笑)

先日もお互いの励みになればと思いメールやりとりをしていましたが、Gmailのため迷惑メールに振り分けられていたらしい。

やっぱりフリーメールはダメなのかもしれません。

さて、店内改装Diy

一ヶ月をかけ完成!

ほとんどがいただきもの。

木もクロスも貰いもで済ませました。

自分で言うのも変ですが結構授かりはいいほうなんです。

道具は借り物。







これから絵画を集めてギャラリーとして再出発。

新しいロゴの入った文庫紙を無料で配って交換してきます。

今まで買ってもらった着物ですから大切にしていただくためと、直したい着物がないかを下心丸出しで営業活動してみます。

障害者施設に携わりながらお問い合わせと営業活動をおこないます。

欲が深いと思われがちですが、一人親方だから仕方がないんです。

ついでに便所掃除もです(笑)

家内も娘もいますが…(苦笑)

着物は売れていないことはないと思いますが、食べていけるだけ売れているのでしょか?

売れていても回収はできている?

近い将来、18歳成人なんて事になったら大変な事が起こりそうですね。

税収の前倒しは国の勝手。

この業界はかなりの打撃を受けるのではないでしょうか?

成人式も無くなるでしょう。

なら振袖はどうなるの?

振袖より大学のほうが大切なのは今の時代当たり前。

よほど余裕のある方たちだけですよ。

振袖をレンタルできるのも買うのも。

民族衣装なんで補助金を国から貰えてもいいはずなのに、逆に首を絞められているような気がしするのは私だけ?

残念でなりません。

このまま二足のワラジで行ったほうがよさそう。

私は障害者施設と呉服店。

安定は秋までお預け。

とにかく今年の夏を乗り越えて忙しい秋にしてみせます。

小さい呉服屋が勝ち残る為にがんばりますわ。

最後までお付き合いありがとうございました。

  

Posted by ボンボン at 20:04Comments(0)独り事

2017年03月09日

店内をDIY。自分で何処までできるかなぁ?

こんにちは。四代目のボンボンです。

調子に乗るとすぐに投稿。

店舗


最近、ハマっているDIY。

DIYであってるかな?

自分で店内を改装中。




そんな大げさなことはできませんが、接客の机を作るだけが、壁紙、棚などが気になってしまい作るハメになってしまった。

7年以上も閉めていた店を何故?

何してんの?

よく近所のおばさんたちから聞かれます。

切り返しに一言だけ「内緒」って言いながらボケてます。

今頃になって遅いのかも知れませんが、店舗が大切なことに気づいた!

ここ半年ぐらいで来店してくれる新規のお客さんが多いんです。

今までは畳の上で着物を広げシミのチェックをしていましたが、正座は厳しそう。

ゆっくり話すには辛い時間です。

そして靴やブーツを脱がない。

机がいるな~って感じで作っちゃいました。

結構、デカいですよ。

ネットでこの大きさの机を購入しようとすると4~5万。

高いわ~。

自分で作って9千円。

安いわ~

てなことから始まりクロスまで張り替えることになってしまったんです。




クロスを張り替えたついでに集客の作戦。

店に着物を展示しても一年間で飛び込み客はゼロに近いのが現実。

なので商品はなくして店内をギャラリーに変えちゃいます。

ギャラリー?

そうなんです。絵画や写真などの展示をして無料で貸し出します。

もちろん出品者の値段もついているので、売れた場合は二割いただきます。

電気代ぐらいは欲しいですから。

当店は高田本山専修寺という寺の中心にある古い町。

呉服業界では有名な伊勢木綿(臼井)があるところ。

歩いて5分かな?

その街並みをテーマに絵を描いたり写真を撮ったりして、展示してもらうのです。




結構な集客になり、一か月200名ぐらい来店することもあるんです。

10年前にやっていたから分かっているのです。

店番をどうするか考えながら…。

出品者の方たちに当番でお願いする方向ですが(苦笑)

お客様からいただいた銘仙を店内に飾り文化展も。



結構、懐かしいと喜ばれる銘仙。

いろんなことしましたが、失敗も多いですよ。

恥ずかしいので言えませんが。

あるものをすべて使って集客。

新規の方は誰が着物に興味があったり、誰が困っているのか分からないので接点を持つことが大切。

そんな事言いながらず~っと店は閉めていたのです。

ダメなことに今、気づきました。

営業ばかりでは直球を投げているのと同じこと。

お客さんは着物の話ばかりや嫌ですもんね。

私は無駄の多い最近の営業活動はしたくないので色々な事で集客してみます。

大きい呉服店も大変ですが、小回りのきく小さい呉服店が有利ですね。




まだまだ改装中です。













  

Posted by ボンボン at 20:17Comments(0)独り事

2017年03月07日

目指せ一日1000人の集客。まだまだ遠い(苦笑)

ご無沙汰しています。久々のブログ。またサボってしまいました。

文章力がないのにご覧いただきありがとうございます。

気が付けば「読者登録」3名。

嬉しいです。

今は障がい者施設のホームで利用者とコミュニケーション中。

今日はお泊りなんです。

少しでも関りを持てればと思い着物の虫干しを利用者に頑張ってもらうためにコミュニケーションから始めています。

半年でやっと分かってもらえるようになった気がします。

ホーム


こちらの仕事も頑張っていきますわ。

老後の為に…(笑)

さて、本業のホームページも9か月が経ち目標までは程遠い。

でも一日300人はこえるようになったぞ~!




ここを乗り越えなければダメなのは分かっているけどなぁ。

フェイスブック、Twitter、ブログと様々な無料ツールを利用して集客。

まだそこまではできていないのでサイトの集客は実数なのです。

フェイスブックを見ていると元気な呉服店がたくさんあるようです。

呉服店同士の集まりがあって楽しそうに写真をアップしている。

悩みがなさそうで羨ましい限り。

販売を諦めた俺には関係ないけど気になるのが本音。

売れてるの?本当に売れてるの?聞いてみたいんです。

確かにカラーのある店は強いようですね。

今まで通りの商品で展示会をやっても無理でしょうね。

お客様は着物に興味があることは事実です。

資金力のない当店は拘りの在庫は持てません。

昔は薄利多売で利益なし。

顧客管理カードもなく記憶だけ。

こんなん今思えば数字が激減するに決まってますやん。

その通りでした。

昔の事を悔やんでも仕方がないので前向きにいきます。

家内はパート。

独りぼっちで地域一番店を目指します。

お手入れで食べていけるわけがないと散々言われていますが、へこたれません。

お客さんもバカではありません。展示会に誘うためのメンテナンスはバレてます。

必ず小さい呉服店は生き残る。

一緒に情報交換できるかた募集中です。

独りで考えていると答えは出ないので…。

下手な文章ですみませ~ん。

お互い秘密厳守ということでお願いいたします。

  

Posted by ボンボン at 19:53Comments(0)独り事

2016年12月06日

毎日一円でも儲ける事が目標!

こんばんは。

当直をしながらの着物相談とブログの更新!

ん?当直?泊りの?

呉服屋が何やってんの?

障がい者のグループホームで当直なのです。

すでにプライドを捨てているので売れない着物にしがみ付くのではなく何でもやってキャッシュを増やします。

明日の7時まで当直。そのまま帰社して昼まで発送作業。昼からは天気が良ければ納品。14時から16時までは利用者の送迎。

17時には仕事が終わることが多い日々なのです。

障がい者の方には虫干しで世話になっている私。これからもず~と携わっていく業界なのです。

たぶん従業員がいないからできる技なんですよね。

普通の社長だったらできないでしょ。

できる環境は自分で作らなくてはいけません。親の作った環境を守っていくことは困難だから二世は考えるのです。

そのままでいい二世はいいんじゃないかな?

お金はすぐにそこ尽きる。

私がそんな二世だったからわかるのです。

この一日の予定で進んでいくと営業活動や訪問販売などは一切できません。

今日も昼にお電話いただいた新規のお客さんは16時に来店してくれました。

営業活動して確約なんか取っていたら電話には出れないんです。

店で一時間ぐらいお客さんと話をしていると楽しいもんです。

売上は欲しいけど着物をススメることは一切しません。

初めて着ていただいたお客さんだからこそ進めない。

次回、安心して来店していただきたいからこそススメないのです。

しかし、しっかりと自社は何をやっているのかをアピールするのです。

ご主人さんと一緒に来店されたので自宅にも行きやすくなるし一石二鳥!

本日の売り上げは9,720円でした。

笑われる!同業者に笑われる!に決まっている今日一日売り上げが0円の店もたくさんあるはずなのです。

そんな店には勝ったやろ!そんなこんなの一日でした。

売上ゼロの日はなくす!大切なことで難しいことなのです。

私の一日の流れです。

こんな風に思ったのも最近です。

小さい呉服店で諦めている方は店を閉めたら終わります。

看板を残したまま新しいことにチャレンジできるといいですね。

小さい呉服店が勝ち残るために!

相変わらず文章力のない私の付き合いありがとうございました。








  

Posted by ボンボン at 20:51Comments(0)独り事

2016年11月28日

新サイト。半年での結果は?

気か付けば今年も後一か月。

来年の事を考える前に残りの一か月を乗り越えないといけません。

小さい呉服店のラストスパートは?

展示会?着物パーティ?

いい結果を出していい正月をお互い迎えたいものですね。

残り一か月を頑張りましょう。


当社の生き残りは?


当社の売り上げはほぼネット。

来年の秋に向け新サイトを製作中ですが中々手ごわい。

ちょうど半年たって一度だけです。200ユニークユーザー数を超えたのは…。

半分ぐらいが同業者が閲覧したとしても個人ユーザーは100人。

一日100人に営業活動をしてくれた感じになります。

集客


ん~。まだまだですよね。

昨日は186人。徐々に集客数は増えているのですが500人は欲しいね。

達成できればいいのですが、これがネットのチカラだと思うんですよ。

固定客への営業活動はしながら新規客はインターネットで!

集客できれば数字はできると信じてやるしかないようです。

これからする事は…。

役にたつ情報の発信と広告かなぁ。

SNS、ヤフーやグーグルの広告、アフィリエイトなど様々な広告がありますが、最終的にはすべてを利用して集客することを目指していく。

これしかないのです。

広告はかなりのお金もいりそうな感じ。

あと半年でサイトのチカラを付けて集客しその他の集客で圧倒的な力を見せたいものです。



これからの目標!

集客してからどうするのか?

もちろん!売り上げを上げる事です。

一人200万円の売り上げが上がれば目標達成です。

達成できれば徐々に拡大を目指し協力者を募集致します。

結果が出ていないのに賛同してくれる方はいないでしょうからね。

お客さんの立場に立てば自分の着物は郵送するより手渡しが安心。

呉服店、アンティ―クショップ、新規開業でも新規客の獲得に苦戦しているはずですから当社が集客できれば地域のお客さんをご紹介します。

コンサルタントではないのでリアルな数字が発生して新規客を獲得できる。

そんなことができればいいな~と考えております。

高いプライドを捨てて一緒にできる方を募集したいものです。

田舎の呉服店や一人で商いしている店主の方だけです。

売上作りに苦戦している呉服店の集まりです。

どん底を見て来たからこそ一人で商いする辛さが分ると思っています。

最後までご覧いただきありがとう。

文章力はないですが、本気で目指しているのです。

少しでも興味がある方はメール又はお電話ください。

失敗してきた話なら得意です。

吉原  

Posted by ボンボン at 06:50Comments(0)独り事

2016年11月06日

呉服店は儲かりますか?って…。

いや~。またまた長い間、サボってしまいました。

若い跡継ぎから一言。「呉服店って儲かりますかね~」って。

私も昔、問屋さんに聞いた覚えがあるような…。

その答えは!

売れた儲かる!ですよね。

そんなもんどの業種も売れたら儲かるに決まっとる!

なんですよ。

売れないから困っているんじゃね~か~。

だから答えは儲からないんです。

では何故儲からない呉服店を続けるのでしょうか?

就職したくない?小さなプライド?跡継ぎは楽だから?お金に余裕があるから?自分の代で閉めたくないから?借り入れがあるから?

など様々な思いがあって辞めることができないんですよね。

そんなこんなと考えながら何年も経ってしまうのです。

先を見れば売れる時代が来るはずがない。

良くて現状維持ですよね。

今週も展示会をしている呉服店も多いのでしょう。

目標を達成できると元気に片付けできるのですが、私も展示会していた時はがっかりしながら片付けた覚えがあるのです。

集客企画が当たるのは10回に一回ぐらい。

そりゃマイナスのスパイラル。

それでも経費は掛かりますからね。辛いんです。

ま~。はっきり言って昔のツケですよね。

無理やり売った時代があったのです。自然と売れていた時代はよかったのですが押し売りのように販売した時代がある。

呉服店は怖いし入りにくいイメージを付けてしまった時代。

昭和60年代から平成にかけてでしょう。

私はちょうど丁稚の時代から後を継いだ時代です。

企画企画のオンパレード。

正直、売れましたよ。でも利益は残っていませんでした。

ん~。頭が悪かったとしないいようがない。4日で6,000万売っても決算をすれば赤字!

情けない。無理やり売ってツケが回ってきて何も売れなくなった!やる気がなくなった。

そんな感じでしたわ。

でも着物ファンもまだまだ多い。諦めるはまだ早いと思うのです。

考え方とやり方を変えれば何とかなるのではないでしょうか?

儲かるように工夫をする。利幅だけを考えない。

コンサルタントではないので何も言えませんが、昔と同じことをしていればアウトなのは間違いない。

これだけですね。

若い経営者は大変ですが頑張ってください。

跡継ぎと一緒に経営している大社長は口を出さず退くのがいちばん。

私がオヤジと一緒に呉服店をしていた頃の経験です。

父親は金は出しても口出すな。

今どき昔話は役に立ちません。

売れたころの栄光なんて言っても無駄。

売れているころうを知っていると中々一歩がでない。

否定的な事ばかりですが、小さな呉服店が活気づけばいいですね。

これからはコツコツやるだけです。

それではまた…。  

Posted by ボンボン at 09:17Comments(0)独り事

2016年09月15日

展示会で心配なのが集客より台風。

おはよございます。

久々の朝活ブログ。仕事と思って書いていますがなかなか続かないのが現実!

自然に書くのがいちばんいいのですが、構えてしまうのは何故?

それは文章に自信がないから!なのです。

今週は三連休もあり、秋の展示会を開催する呉服店も多いのではないでしょうか?

年に数回の大きな展示会のところもあります。

でも台風が来れば確約も台無し。

私も何度か経験済み!辛いですが今向かってきている台風は連休あたりのようです。

売上にも大打撃を与えてしまう台風。

あっちに行ってほしいですね。

台風

こうならない為にも普段からの売り上げが必要。

分ってはいるものの確約取りで精一杯なのが現実です。

昔は何度もそう思ってきましたが、一回も実現できませんでした。

展示会は問屋さんも来るしある程度の確約がなければ売り上げのめどが立たない。

だから一生懸命になって確約を取るのです。

ダメだダメだと分っているのです。

どこかで抜け出さなければ辛くなる一方ですね。

辛い確約取り。

それでも小さい呉服店は勝ち残ります。  

Posted by ボンボン at 08:25Comments(0)独り事

2016年09月14日

文章にできないこの辛さ!

おはようございます。
サイトを製作し始めて四か月目に突入しています。
二日前は50人以上の方に訪問いただきました。
が昨日は39人。そう簡単にはいきませんよね。
これがサイトの辛いところです。

昔、作ったサイトがそこそこ集客があるので何とか暇をせずにいますが、辛抱知る時なのかもしれません。

やらなければ結果は出ませんが、やってみないと分らないことだってあるのです。
そこにニーズがなければ残念となってしまうのです。
前回のブログでも書きましたが、デジタルもアナログも同じことですよね。

欲が深いので両方とも上手くやりたい。
今までのやり方を変えずに売り上げを上げたんですよ。
でも展示会は水もの。
企画で左右されないような展示会ならいいのでしょうが、私が昔やっていた展示会は企画次第。
魅力のあるエサをぶら下げないとお客様が集まらないという大変雑な展示会だったのです。
もうやってませんしやりません。

うおぉぉぉ~。歯がゆい!
ベラベラ喋れるのに文章にならない。
そのまま自分の言葉で!と思っているのですが、なぜ無理なのでしょう?
このままではサイトの完成は遥か先!
長い道のりですが年内には完成させるつもりです。

話は変わりますが、沢山ある呉服店でも稼業で商いをしているところが圧倒的に多いんですね。
私も同じですが、家内は着付け程度で私が一人でやっているようなもの。
店の掃除から便所掃除まで。
もちろん問い合わせからお客さん宅への集荷、発送、納品、経理など全てです。
オヤジは他界し相談する相手もいませんが、それがやりたいようにできるのかもしれません。

突っ走るしかないのです。小さい田舎の呉服店が勝ち残ってみます。
いつも適当なブログで申訳ありません。
では…。
  

Posted by ボンボン at 08:44Comments(0)独り事

2016年06月06日

呉服屋の紙爆弾は何パーセントの効果があるの?

十年以上、折り込みチラシもポスティングもしてないな~と“ふっ”と思いました。
自分でチラシ構成すればネットで安く印刷できるようになったとは言え折り込み代やポスティング代はバカにならないと思うのですが、皆さんの店はどうしているのでしょう?

1、新規名簿獲得の為なので元をとらなくていい。(羨ましい)
2、店の宣伝の為なので元をとらなくていい。(羨ましい)
3、昔からなので仕方がない(羨ましい)
4、利益はしっかりと出している(羨ましい)

確かにいくらデジタルの時代だとは言えアナログを捨てちゃいけませんよね。
正直、反省する部分なのです。
続けなければデータもとれないし効果がないのはわかっているのです。

新規を獲得して先には着物を販売できると信じればいいのですが安売りのチラシでは見向きもしてくれないですよね。
安物ハンターはいつまででも安物狙いではないでようか?
時には化ける?そこまでまつ体力が当店にはまだまだないのです。

誰でもが必ず口にする飲食だとチラシの効果は時にはあるようですが、着物を必要としている方は何処にいるのかわからないから無駄が多い。
そう思うとチラシなどの「紙爆弾」から遠のいているのです。

アナログでいい方法はないのか?
地道な努力が必要か?できれば売り上げを爆発させたいがコツコツは苦手です。営業も苦手です。
考えてみればデジタルもコツコツですがやらなければ食べていけませんのでこれだけはやっているんです。

できればコストをかけずに売り上げは上げたいものですね。
なのでネットになってしまうのです。
簡単に作ることはできないけれど作ってしまえば店の財産です。
何もしなくても自社をお客様が探し当ててくれるように頑張っています。

紙爆弾でいい情報を探しているのですがなかなかみつかりませんね。
  

Posted by ボンボン at 07:28Comments(0)独り事

2016年06月02日

昔、作った綺麗なホームページは役に立たない!

最近では呉服店や美容院など自社のホームページを持っていない所を探す事が困難なぐらいですよね。美容院は年齢層が幅広いのでいいのですが、呉服店は対象客が高齢であまり必要がないと思っているのはないでしょうか?
だからWEBはあるけど意外とほったらかしなのです。結構、製作会社の“思うつぼ“だったような気がします。これだけキモノの需要が下がるとチラシの効果も期待できず営業活動も留守宅が多く成果も現われませんよね!
もうこうなったらあるものすべてで集客するしかないのです。
話を聞くと「インターネットは苦手」と言っている方は余裕のある方ですのでそのままでいいんだと思うのです。
切羽詰まっている方はやるしかありませんよね。
ホームページ?あるある!
あるのは分かりますが集客できてないでしょ?簡単に考えて業者に依頼するから価値のないWEBになってしまうのです。
これは自分の経験ですが、ホームページ制作会社も色々あるんです。大きく分けると綺麗に作るだけでサクセス数はあまり考えない所。その代わり立派なホームページになり気分も最高です。大企業と見た目は変わらないんです。しかし検索する方にとっての情報をしっかりと発信していないホームページは「ゴミ」なのです。集客は全くできないと言っていいでしょう。大手メーカーですらホームページを作り直したり色々な可能性をかけて集客を代行しているのです。
ホームページの制作を依頼する時には自分の考えをしっかりと制作会社に伝えないといけません。ぶん投げでいいもの作れるわけがないんです。何日もかけ制作会社との打ち合わせをしなければ全くあるだけのホームページなのです。
今、ホームページで成功している呉服店もあるようですがコンセプトがしっかりとしている。制作は依頼しているとは思いますが、自社の考えをしっかりと伝えこだわっているはずです。
展示会の集客企画や日々の営業活動はとても大切な事ですが、ホームページに対する考え方が間違っている店は見直した方がいいのです。
はっきり言って店の名前で検索してくれる方より初めて知る新規客の方を獲得しなければこの先はありません。折込みチラシ、ポスティング、営業活動、集客企画、お客様からの紹介、ホームページなどすべてを集客の手段として考えなくてはなりませんね。
私自身はホームページを作ることはできますが独学です。他社のホームページまでは作ることはできませんが、経験はあるのでブログでも良くわからない方は電話で説明しますよ。問い合わせがあった時には一旦電話を切らせていただきますが…。(苦笑)
ひとりで受けているのでご了承ください。
笑い話で終わるかもしれませんが私の失敗談を話します。売上を上げる近道をする為に。
吉原 090-2771-3665
  

Posted by ボンボン at 09:09Comments(0)独り事